箱根駅伝グッズで応援しよう

箱根駅伝グッズで応援しよう

箱根駅伝グッズは、スポーツグッズを販売しているお店や、インターネットのホームページなどで購入することができます。

 

今や新春の風物詩ともなった箱根駅伝。

 

箱根駅伝の正式名称は東京箱根間往復大学駅伝競走となっています。

 

毎年1月2日と3日に行われるので、この箱根駅伝の中継を見るとお正月だと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

箱根駅伝は、東京大手町の読売新聞社前からスタートして、箱根芦ノ湖までの東海道を5区間に分けて往復10区間で行われます。

 

箱根駅伝のコースは、東京から横浜間が国道15号線、横浜からその先は東海道線になります。

 

途中の中継所は、鶴見・戸塚・平塚・小田原になるのですが、毎年お正月になるとこの中継所にたくさんの応援客でごった返しになります。

 

この箱根駅伝をグッズとして販売しているお店が多く、応援グッズを持って応援しに行くという方も多いのではないでしょうか。

 

箱根駅伝グッズをいくつかご紹介したいと思います。

 

毎年販売早々人気のある箱根駅伝ベンチコートは、箱根駅伝グッズの定番ともなります。

 

価格は3万1千円前後になります。

 

ベンチコートなので、ひざまであったかです!
箱根駅伝応援マフラータオルは、各大学の名前と襷の色が鮮やかなタオルになっています!これと同じ柄で携帯ストラップも販売されているのですが、このストラップも箱根駅伝グッズの定番ともいえるグッズのひとつです!
箱根駅伝応援グッズののぼり旗も配布されます。

 

こののぼり旗は箱根駅伝予選会当日配布されるものではなく、事前に配布されるものでもあります。

 

今年は10月14日から17日まで東京世田谷キャンパスの広報課と、横浜健志台キャンパススポーツ課、現地配布の場合は国営昭和記念公園の立川口付近で配布されました。

 

いずれも、のぼり旗がなくなり次第終了になります。

 

こののぼり旗を持って箱根駅伝の当日も応援する方が多いそうです。

 

気分が盛り上がる箱根駅伝グッズは、ひとつ持っていると重宝しますよ!
当日箱根駅伝を現地で応援する方は、スタート地点とゴール地点での応援は避けて、コース上での応援や、コースへのぼり旗をせり出した状態での応援も避けるようにしてください。

 

大学名の入った小旗の使用は一切禁止になります。

 

また、横断幕などはしっかり手に持って応援しましょう。

 

ガードレールなどにくくりつけての使用は怒られてしまいます。

 

これらをしっかり守って、箱根駅伝グッズで選手を応援しましょう!