箱根駅伝のルートって?

箱根駅伝のルートって?

箱根駅伝ルートは、東京大手町読売新聞社前からスタートして、箱根の芦ノ湖までを5区間で区切り、往復10区間で走ります。

 

箱根駅伝の正式名称は東京箱根間往復大学駅伝競走。

 

その名の通り、東京から箱根までの200キロを走る競走になります。

 

グーグルマップなどでも紹介されている箱根駅伝ルートですが、この箱根駅伝ルートを詳しくご紹介したいと思います!
まず、スタート地点となる大手町から鶴見までの区間ですが、この区間はこの駅伝のリズムを掴むための重要な区間でもあります。

 

この区間で出遅れると致命的にもなってしまいます!最近では各駅伝選手がスローペースの展開になるということが多く、スタート地点から17キロほどの六郷橋までは集団走が続きます。

 

次に、「花形」とも呼ばれる2区ですが、この2区は距離が長く権太坂という坂が待っています。

 

箱根駅伝ルートの中でも最も難所ともなる区間なので、各地チームのエースをこの2区に配置することが多いそうです。

 

3区の戸塚から平塚は、海辺の道となるので風の影響を受けやすい区間になります。

 

3区の前半は緩やかな下り坂が続くのですが、いかにスタミナを残しておくかがカギとなります。

 

そして、この区間はつなぎともされている区間でもあります。

 

4区の平塚から小田原の区間は、距離が短くなったことをご存知ですか?
それは、トラックを専門とする中長距離選手の箱根駅伝への出場機会を増やすために距離を短くしたのです。

 

4区の特徴は、前半が平坦なコースですが、後半になるとアップダウンが激しくなるというコースになっています。

 

このルートで次の5区に備えてできるだけいいポジションで繋げるようにしたいルートになります。

 

そして、5区は箱根駅伝ルートの中でも距離が長く山登りとなります。

 

スタミナのあるランナーや、駅伝チームのエースをこの5区に配置することが多く、この5区は通称山登りとも言われています。

 

次の6区と並んで箱根駅伝のスペシャリストを生む区間でもあるのです。

 

箱根駅伝ルートを画像で確認したいという方は、グーグルマップを活用してみましょう!実際に箱根駅伝を応援しに行くという方は、箱根駅伝ルートと近辺の情報を一緒に印刷しておくと、箱根駅伝ルートの近くに何があるのか、迷子になったときにどうすればいいのかを詳しく見ることができるのでおすすめですよ!
箱根駅伝のルートをしっかり確認して、1月2日と3日に行われる箱根駅伝を楽しみましょう!